今回は、保護者・社会人・大学生(講師)の方へのメッセージです。 中高生には、少し難しいかもしれませんが、これは君の将来像でもあります。 「私は何歳まで生きるんだ!」 「100歳まで生きる時代だ!」 「そんなことは、遠い先のことだ!」 「いえいえ、すぐそこのことですよ~~~」私の伯母は105歳です。...
「私たちの大学入試の英語はどうなるの?」 「英語は4技能をテストされるから、しっかり準備しなさい」 「配点が変更されるからListening、Readingに力を入れなさい」 と言われたけど、 「これからどうなってしまうのか」 「どんな勉強をしたら良いの?」 という声が沢山寄せられています。 困ったことです。

誰だって、勉強ができるようになりたい。 「成績のいい子だね」と褒められたい。 じゃどうしたらいいの? 一生懸命に勉強することが大切なのはわかっている。 実際に、頑張っているのに「成績が上がらない・・・」 そんな君のために、今回は「進研模擬試験の活用」について書いてみよう。
教室ブログ · 2019/10/19
本日は、中央林間ハロウィンフェスティバル2019に参加しました。 今年もたくさんの子どもたちがお菓子をもらいに来てくれました。 仮装の幅も広がりとてもかわいかったです^^ リーデストにお通いの生徒さんたちも多く声をかけてくれてとても嬉しかったです。 今後も地域の方々とのつながりを大切にしていこうと思います。...

一挙にラクビ―・ファンが増えましたね。 私も、その中の一人ですが、「丁寧な解説」と「ゲームの面白さ」が伝えられると、どうしても引きずられますね。 ラクビ―の発祥には諸説ありますが、1823年にイングランドのラクビ―校でフットボールの試合中に、エリス少年がボールを抱え込んだままゴールを目指して走り出した・・・という話が有名ですね。
私は、「世界に1つだけの花」という歌が好きです。 ・・・花屋の店先に並んだ「いろいろな花」を見ていた ・・・どれもみんなきれいだね ・・・バケツのなか 誇らしげに シャント胸を張っている ・・・小さな花 大きい花 同じものはない Only Oneの花とは、私のこと、あなたのことですね・・・。 今回は、私が最近知り合った6人の中・高生を紹介します。...

今、私たちはどんな時代に生きているのでしょうか。 私たちは、どこに向かって歩いているのでしょうか。 世界は、どのようなことに直面しているのでしょうか。 画一的に採点する「マークテスト」では図ることができない能力を 「面接すること」・「小論文を書かせること」で調べることができるので、 今年も多様な出題がされるでしょう。...
今回は「小論文」や「理系の課題文」「英語課題文」として出題されるかもしれない「測位衛星」について考えてみたいと思います。 「測位衛星」といっても、なじみがない人がいると思いますが、スマホ・カーナビ・航空機・電子機器などを、「空からコントロールしている衛星」だといったら、分かりやすいですね。 私は、自動車のカーナビが親しみやすいです。...

私立大学は「共通テスト」に対して、どのように対応するか。 その情報が少しずつ分かってきました。 勿論、すべてはこれからですが、8月までに分かったことを整理します。 すべてをまとめきれませんから、細かくは大学・学部のHPを見てください。 進路相談は、LEADET の前川代表にしてください。  
夏休みが終わって、久しぶりに登校してきた高校1年生の顔を見ると 随分、「大人びてきたこと」に驚かされます。 高校1年・1学期にあった「幼なさ」が消えているのです。 「いつから急に成長したのか」と思いますね。 肉体的にも、精神的にも「急激に成長」しますから、 知的発達・学力面も順調に伸びてほしいと念じますが、そうはいきません。...

さらに表示する