勉強は、「できるようになる」と面白いです。 出来ないと「やる気」が起こりません。 だから、成績をアップさせることが一番大切なことです。 アップさせるためにはどうしたらよいでしょうか。 ①「わからなかったところ」を徹底的に復習することです。 ②「勉強時間を増やすこと」です。机に向かう時間を増やすのですね。...
今こそ「やる気」に火をつけよう! 振り返ると、私の人生の基礎は、中学生時代にありました。 田舎の中学生でしたから 「何とかなる!」と、のんびりと部活を愉しみ、勉強もしませんでした。 昔は、それでよかったですが、今はそういっていられません。 勉強時間と、部活の時間、遊びの時間、をしっかり区切る必要がありますね。...

『人間は考える葦である』は、有名なパスカルの「パンセ」の中にあります。 あなたは、これはどんなことを指していると考えますか。 これからの中学生・高校生・大学生に要求される「教養」の範囲ですから 今回は、ちょっとむずかしいですが、いっしょに考えてみましょう。
水泳の池江璃花子選手が「白血病」になって苦しんでいるという。 なんとか救済できないか。 彼女のけなげな気丈なメッセージが胸を打つ。 人工知能(AI)は、人知を超えて、池江選手を救済することはできないか。 今回は、白血病と人工知能(AI)について考えてみよう。

受験には「魔物」が潜んでいる。味方につけるか敵に回すか。 国公立大の「出願」が終わりましたね。 いよいよ「目標」が定まったところですね。 どこの大学も「実質倍率は3倍」です。 表面的な倍率は気にしないことです。 「同じ学力レベルの人」の競争です。誰が合格か、不合格か。 全ては、大学別に行われるテスト次第ですね。短期決戦です。...
ハリーポッターの映画を観たことがありますか。 小説を読んだ人もいるでしょうね。 この中で、第一作の「賢者の石」が特に傑作だと、私は思っています。 ファンタジックな魔法の世界。 実は、「こうありたい!」と願っている「夢」と「希望」が満載です。 空飛ぶ箒に乗って行うゲームとか、秘密を知ろうと図書館に潜り込むとか。...

人間には、戦わなければならない時がある。 逃げてはならない時がある・・・。 受験生にとって、「いまがその時だ」・・・。 センター試験で「D」や「E」が出たって、それはそれでいいじゃないか! 今年のように、高得点がとれた年は、実力通りにはいかない。 すべては、二次学力勝負だ・・・。 怖れることはない。 戦えばいい!!...
ナイル川の氾濫は「ピタゴラスの定理」と繋がっています。 「なにこれ?」と思う人が多いでしょうね。 ピタゴラスの定理の原点はエジプト・ナイル川の測量術と繋がるのです。 日常生活に中で生まれた知恵が、昇華され「学問」になったのです。 「共通テスト」で求められている思考力や判断力とは、こうした力です。...

入試センターテストが終わりましたね。 目標点に達した人。喜んだ人。 残念だけど、達成しなくて大泣きした人・・・ 自己採点をして、いろいろな思いに駆られていることでしょう。 いやいや、これは入試の入口です。 半分終わっただけです。 一息つくより、あと一か月後に本番が待っています。...
緊張して、受験勉強に手がつかない。 寝れない。 食欲がない。 ボーッとしてしまい手足が動かない・・・。 そんな君に勧めることは、「開き直り」です。 いいじゃないですか!「進学先は一つ」だから、全部がうまく行く必要はないのです。 第一志望の大学に不合格になったら、第2志望にまわればいいんです。 「今日やるべきこと」に集中することが大切です。...

さらに表示する