安達顧問メッセージ

5月30日は「ゴミゼロの日」ですね。 私たちは、環境を良く保つためにいろいろな努力をしていますが、 もっと、もっと努力しないと、地球も私たち自身も滅んでしまいます。 最近話題になっているのは「プラスチック」ですね。 先ごろ、インドネシアで引き揚げられたクジラのお腹から「重さ6キロのプラスチックのゴミ」が発見されたという報道がありました。...
いま、夜空の星が美しい。 田舎に住んでいるから、近くの公園に散歩に行く。 ネオンサインも、人家の明かりもない地域だから、夜空に星が光っている。 「あれがオリオン座だね」・「銀河が輝いている」なんて女房と会話をする。 「・・・やがて僕らは、どこに飛んでいっちゃうだろうね・・・」...

ブラックホールの撮影に成功したという。 理論上の存在であったものが証明された。 それも世界各国の協力の下で・・・。 天空への想いは、旧い時代から、生活に直結する「暦」の作成と繋がっている。 季節の移り変わり、種まきの時期など、「暦」を知るものが権力をにぎった。 17世紀に入って「望遠鏡」が発明されて天体観察が変わった。...
中間テストが近づきましたね。 中学生も高校生も、ここが頑張りどころですね。 「1年間の成績の見透し」が、この中間テストで見えてくるからです。 始めよければ、すべて良し・・・。 進級したばかりの「第1回戦」です。 絶対にいい成績を取りましょう! 特に、新1年生の中学・高校生の皆さんは「スタートダッシュ!」です。...

「日本の神話」というと、何かしら古めかしい、わかりにくいという気持ちがはしりやすいですね、。 それに、きな臭い政治的な臭いがプンプンして・・・。 だから、ギリシャ神話のような面白さ・親しみを感じない人が多いですね。 でも、これは大間違いです。 とても面白いです。...
偉そうな態度はいらない。 何の役にも立たないから・・・。 劣等感なんていらない。 空の向こうに飛ばしてしまえばいい・・・。 さあ!実力を伸ばして、大空を悠々と泳ぐ「鯉のぼり」になろう! 新しい「令和の時代」には、「鯉のぼり」がよく似合う。 腹の中にあるものは「風」だけでいい。 大きな口に空気をいっぱい吸って、新学期を思い切り走り抜けよう!

「令和」という元号にはどんな背景があるの? 新しい元号が「令和」と発表されましたね。 新しい天皇が即位される5月1日から執行されることになっていますが、若い皆さんの代はこの元号が使われますから「平成・令和」の世代になりますね。...
高校の生活と、中学校の生活は、全く異なります。 中学では常識だったことが、高校では全く通じません。 特に学習の仕方や内容が違います。大学入試制度も変わります。 そこで、気をつけたいこと、事前に承知しておきたいことを書きましょう。 かなりストレートに書きますから、自分で置き換えて判断してくださいね。

「もともと地上に道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ」 これは、魯迅の『故郷』の最後の文章ですね。 中3生が使用するほとんどの教科書に掲載されていますから、この作品に触れた人が多いでしょう。 この文章には「未来に対する願い」が込められています。 次の世代に対する「祈り」といってもいいです。...
勉強は、「できるようになる」と面白いです。 出来ないと「やる気」が起こりません。 だから、成績をアップさせることが一番大切なことです。 アップさせるためにはどうしたらよいでしょうか。 ①「わからなかったところ」を徹底的に復習することです。 ②「勉強時間を増やすこと」です。机に向かう時間を増やすのですね。...

さらに表示する