· 

大和高校へ内申「32」からの逆転合格!その秘訣とは!?~勉強スタート編~

典型的な「やればできるタイプ」だったT君。

入塾してきたとき、2年生の学年末の内申点は「32」でした。オール4もない状態。

 

内申「40」は必要な地域トップレベルの大和高校には、もちろん遠く及ばない内申点でした。

聞けば、テストの点数は採れているものの、提出物が不十分だったりで成績表になると3と4が中心となっていました。

これも男子生徒に多い傾向です。

テストなどで問題を解く力はある程度あっても、普段の授業での積極性や提出物やプリントの管理などができておらず点数以上に内申点がとれないことは多く見られます。

 

そんなT君が部活引退前にリーデストに訪れてくれて教室で「学習相談」を実施しました。

 

将来の目標設定から高校受験を考える

はじめて会ったときのT君は、高校受験に対して意識しはじめてはいたものの、今の自分が置かれている状況が認識できていないと感じました。

 

なりゆきで行けばなんとかなるのでは、と漠然と感じていたのではないでしょうか。

 

そんなT君に、まず確認したかったのは、T君の「現在地」について。

今のT君の内申点で行ける高校、その高校の卒業生の進路を見える化させていきました。

「T君の認識」と「現実」とのギャップの確認作業です。

その時のT君の苦々しい表情を今でもはっきりと覚えています。

 

そして次に「将来のこと」。

将来どんな道に進みたいのか?どんな大学に行きたいのか?という目標設定でした。

これは同時にT君にとって、今のままではいけないという危機感の醸成に繋がったと思います。

 

その時の様子をお母さんが書いてくださっていますので、ご紹介します。

T君が素晴らしかったのは、この『自分の理想とのギャップ』を知った時に、すぐに「ムリだ」とあきらめなかったことだと思います。

むしろ反対に、やる気に火が灯した瞬間にしたことです。

 

これまでの自分の勉強への姿勢を反省して、そこから這い上がっていこうとしているのが話していても伝わってきました。危機感をもち、それを意欲に変えられたことが、T君が合格へ進んで行けた最初の重要なポイントだったと思います。

 

ギャップを埋めるために、『何を』『どうすれば』いいのか、私の話を真剣に聞いていた姿が、とても印象的でした。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    55期の誰か (木曜日, 23 5月 2019 22:11)

    僕27で受かったんですが…