英検対策コース

個別指導塾LEADEST英語4技能対策

【英語4技能はこれからの英語学習の最重要テーマ】

 2020年に迫った大学入試改革に向け、英語学習のテーマは「4技能」の育成です。

グローバル化が進む中、「話す」「聞く」「読む」「書く」の4技能を入試に盛り込むことで、日本の英語教育を変えていくことが文部科学省の狙いです。

 

文部科学省では既に、「英語4技能」を測定するテストの活用を促進する協議会も発足させ準備を進めています。

2017年度で中学3年生以下の生徒は、全員が英語4技能を測定する大学入試を受けることになります。

当然、学校の授業・テスト、高校入試も影響を受けることになるでしょう。

 

また、高1以上の生徒にとっても、英語の4技能の力を伸ばすことは、これからの国際社会で活躍するには必須となりますし、学校や入試の学習で「4技能」が意識されて出題されることも十分考えられます。

 

→詳しくは英語4技能試験情報サイトをご覧ください。

 

【学習塾・英会話教室の課題とリーデストの強み】

【学習塾の特徴】

学習塾は、学校の補習や受験対策

→ 英語の授業は「文法」と「長文読解」がメイン

実際には、学力が高い生徒には「書ける」指導を行っていますが、「聞く」についてはCDを流して演習をする程度で特別な対策をとっている塾はほとんどないでしょう。

「話す」にいたっては・・・皆無といっても過言ではありません。

 

【英会話教室の特徴】

「英語を楽しむ・親しむ」ことを前提とした「会話」がメイン

 留学が決まっているなど「目的」があれば有効にはなりますが、漠然と「話せるように」なるというのは、なかなか現実的に難しいという声をお聞きします。

学習塾とは反対に「文法」や「読解」はあまり取り上げられません。

【リーデストの特徴】

「学習塾の強み」と「英会話教室の強み」を併せ持った対策を行うことで「英語4技能」をバランスよく指導します。

 

ただ、漠然と「英語4技能」を高めようとしても、なかなか効果も得られません。

そこで、中高生の学習段階に合わせて目標設定を行いやすい「英語検定」取得を目指して対策を行います。

それぞれの学習段階に合わせ「3級」「準2級」「2級」の取得を目指して対策を行います。

英検を取得すれば、高校受験・大学受験でも、推薦入試などで有効な「武器」となります。


個別指導授業

「読む」Reading

「書く」 Writing


個別指導で「文法」「読解問題」「英作文」を指導

「問題を解く力」「読む力」「書く力」を強化!

過去問題や対策問題集を活用して、

「文法・語法」「読解問題」の対策を行います。

 

個別指導なので、弱点部分や点数を伸ばしたい所など一人ひとりに合わせて指導します。

 

「英作文」は、授業での指導と添削により強化していきます。



オンライン英会話

「話す」Speaking

「聞く」Listening



ネイティブスピーカーとのオンライン英会話

「聞き」「話す」力を強化!

英会話授業の流れ

POINT

・2次試験の面接対策を想定、予想問題演習を行い実力と得点力を上げる

・学習塾では今までできなかった「生きた英語」を使った指導

・コミュニケーションを取るという意識が「リスニング力」を向上させる

・日本人の担当講師が隣りについて、事前の予習とオンライン中のフォローを行うので安心

授業料

      (表示は税抜価格)